老人性色素斑とは? | 姫路で医療脱毛・シミ治療なら【姫路メディカルクリニック】美容皮膚科

コラム

COLUMN

スタッフブログ

老人性色素斑とは?

皆さまこんにちは🌼

本日はいくつかあるシミの種類の中から、

老人性色素斑についてご説明させて頂きます!

 

 

老人性色素斑とは

シミといわれるもののなかで最もポピュラーなもの。

別名  日光黒子(にっこうこくし)とも呼ばれ、

その名の通り加齢とともにできやすく、

日焼けの積み重ねによってできるシミです☀️

当院に来られるお客様のお悩みNo. 1☝🏻

 

 

老人性色素斑の特徴

円形や楕円形に近い形が多く、

色は薄茶や茶色で境目がはっきりとしています。

大きさは数㎜から数㎝までさまざま!

紫外線のあたりやすい頬の高い位置によくみられ、

手の甲や腕にもできやすいです(ᯅ̈ )

放っておくと大きくなったり、濃くなることも

 

 

シミができるメカニズム

肌が紫外線を浴びると、

皮膚内部のメラニン生産工場である

メラノサイトが真皮を守るために

メラニンを過剰に生成し皮膚を黒くします。

これが「日焼け」のメカニズムです☀️

通常このメラニン色素はターンオーバーによって

表面から剥がれていきます。

ところが、長年紫外線のダメージが蓄積すると

メラニンが過剰に作り続けられるようになり、

ターンオーバーも乱れがちに💦

するとメラニンが排出されず皮膚内部に蓄積され、

シミとなります💭

 

治療方法

基本的にはピンポイントレーザー

呼ばれる治療が効果的です💫

小さいシミや表面上のシミであれば、

光治療のフォトセラピーでも

回数を重ねるごとに薄くなります*

当院ではピンポイントレーザーと光治療

どちらも含まれるカスタマイズ治療

おすすめですよ( ˘˘ )🌹

カスタマイズ治療とは、

一人一人のお肌状態に合わせて機械をいくつか

選んで行うオーダーメイドの治療です

 

またハイドロキノントレチノインなどの

外用薬との併用もおすすめです

 

 

今回は老人性色素斑について

説明させて頂きましたが、

その他にも様々なシミがございます!

ご自身のシミの種類は何なのか?

どんな治療がいいのか?

分からないことがございましたら

何でもお気軽にご相談くださいませ😌♩♩

 

 

ページの先頭へ戻る