日焼け止めの選び方( ˙˘˙ ) | 姫路で医療脱毛・シミ治療なら【姫路メディカルクリニック】美容皮膚科

コラム

COLUMN

スタッフブログ

日焼け止めの選び方( ˙˘˙ )

皆さま、こんにちは!☺️

最近暖かい気温が続き、

ようやく春らしくなってきましたね🌸

これからの季節

お肌の大敵となる紫外線も強くなってくるので

今日は日焼け止めの SPFPA  と

シーン別タイプ別に合った日焼け止めの選び方

についてお話をしたいと思います👍

 

 

皆さんは普段日焼け止めを選ぶとき

何を基準にして選んでいますか?

✔️SPFの高いもの

✔️つけ心地が快適なもの

✔️価格が良心的なもの

どれも間違いではありませんが

使用するシチュエーション肌タイプに合わせて

日焼け止めを選ぶとより効果的に

日焼けを防ぐことができるんです

 

UVケアが甘いと、シミはもちろん

シワやたるみなどのエイジングサインが

ジワジワと増えてきます😈

是非 日焼け止めの

賢い選び方を参考にしてみてください!

 

まず、日焼け止めでよく見かける

SPFPAは一体何かご存知でしょうか?💡

 

SPFとは・・・

短時間で肌に赤みや炎症を起こさせ

シミにつながりやすくなる

UVB波を防ぐ効果指数のこと。

数値が大きい方がUVB波に対する

防御効果が高いです。

 

PAとは・・・

長時間かけて肌の弾力を失わせる

UVA波を防ぐ効果指数のこと。

シワやたるみの原因にもなります。

4段階の+マークで数が多い方が

UVA波に対する防御効果が高いです。

 

 

シーン別🌞日焼け止めの選び方

長時間日光に当たるとき炎天下での

レジャーやスポーツ(ゴルフ、野球、海水浴など)

SPF50・PA++++

・汗や水に強いものを選ぶことがポイント

 

屋外での軽いスポーツや営業などの外回り

SPF30・PA+++

・紫外線は年間通して降り注いでいるものなので

日差しが強くない時期でも使用することをオススメ

 

日常生活(通勤、近所への買い物や散歩など)

SPF20・PA++

・室内にいるときでも紫外線は入ってくるので

外出しないときでも使用してみてください。

 

SPF値やPA値にこだわって選べばOKというわけではなく、こまめに塗り直しすることが紫外線防御にも繋がり、とても大切です❣

 

 

タイプ別🌝日焼け止めの選び方

クリームタイプ

保湿力が高く乾燥肌の人に向いています。

また防水性も高くウォータープルーフが豊富なので、

絶対に焼きたくない方や海・レジャー用にオススメ。

ただ、油分が多いため肌荒れやニキビの原因になることも。

使用した後はしっかりクレンジングで落とし

洗顔後のスキンケアもきちんと行ってください。

 

ミルク(乳液)タイプ

伸びがよく、肌に馴染みやすい特徴があります。ノンケミカルのものも多く、

肌に優しいので敏感肌・乾燥肌の方にオススメです。

 

ローションタイプ

化粧水のようなテクスチャーで

扱いやすいのが特徴で敏感肌の方でも

気軽にお使い頂けます。

 

ジェルタイプ

塗布後の肌がさらっとしているため、

日焼け止めのべたつきが苦手な方にオススメです。

透明で伸びもよく、全身使いに向いています。

 

スプレータイプ

簡単に塗布できるので全身用に使えます。

ただ持続力や汗や水に弱いため、

液体では塗れない髪や頭皮、背中などにオススメです。

 

パウダータイプ

メイクの上からポンポンの乗せるだけの

パウダータイプもあります。

肌に優しく、敏感肌やベタベタした日焼け止めが苦手な方にオススメ。

落ちやすいためこまめな塗り直しが必要ですが、

メイク直しとして使用するには非常に優秀です。

 

 

今までなんとなくSPFPA値が高ければ

日焼けしないはずという基準で

日焼け止めを選ばれていた方も多いと思います🍀

しかし、肌に負担をかけてしまうと

肌トラブルの原因にもなりかねません。

 

ご自身の肌質使用するシチュエーション

部位別など、正しく日焼け止めを選びましょう😋❤️

 

尚レーザーなどの治療後には、お肌がデリケートになっていますので、当院ではミルクタイプの日焼け止めをおススメしています。ぬるま湯で落ちるタイプなので、洗顔時にも負担が少なくて済みます♪

詳しくはスタッフまでお声掛けください😉

ページの先頭へ戻る